産み分け

産み分けの仕組みを徹底解説

投稿日:

産み分けってどんな仕組みなの?

「女の子が欲しい」「男の子が欲しい」と思う人は、一度は産み分けという言葉を耳にしたことがあると思います。

産み分けとは、希望する性別の赤ちゃんを授かるために意図的にコントロールして、希望する性別の確率をアップさせる方法のことです。では、希望する赤ちゃんを授かるために行う産み分けの仕組みはどのようになっているのでしょうか。

赤ちゃんの性別は精子の種類で決まる

赤ちゃんの性別は、精子の種類で決まります。精子には2種類あって、染色体によって性別が代わります。性別を決める染色体がXの精子(X精子)が受精した場合は女の子が、性別を決める染色体がYの精子(Y精子)が受精した場合は男の子が産まれます。

X精子とY精子のどちらが受精するかを完全にコントロールすることは不可能ですが、X精子とY精子にはそれぞれ特徴があるので、希望の性別の精子が受精しやすい環境を整えることで、確率をアップさせる方法があります。

 

精子の特徴

X精子とY精子にはそれぞれ特徴があります。

X精子(女の子) Y精子(男の子)
精子の数 少ない(Y精子の1/2) 多い(Xの2倍)
PH値への耐性 酸性に強い アルカリ性に強い
生存期間 射精後、約2〜3日 射精後、約1日
泳ぐスピード 遅い 早い

上記の表の特徴を考慮し、希望する精子が受精しやすい環境とタイミングでセックスを行うことで、確率をアップさせることができます。

女の子が欲しい場合→膣内が酸性で排卵日の2日くらい前にセックスをする

男の子が欲しい場合→膣内がアルカリ性で排卵日の1日前から当日の間にセックスをする

精子の特徴がわかったところで、膣内の環境が酸性、アルカリ性に変化するタイミングを知る必要があります。

膣内環境(PH値)の変化

膣内環境は外から侵入した細菌から子宮を守るために、普段は酸性で保たれています。

しかし、排卵日が近づくにつれて、子宮頸管の入口で固まっているアルカリ性の頚管粘液がさらさらになって膣内に流れ込むため、排卵日の近くになるとアルカリ性に傾きます。これは、排卵日に精子が卵子に届きやすくなるようになるためだと言われています。

膣内環境の変化を踏まえて、希望する性別の赤ちゃんを授かる確率をアップさせるには、

女の子が欲しい場合→膣内が酸性で排卵日の2日くらい前にセックスをする

男の子が欲しい場合→膣内がアルカリ性で排卵日の1日前から当日の間にセックスをする

となるわけです。

しかし、膣内環境の変化を把握するには、排卵日を正確に予測する必要があります。排卵日を予測するのは意外と難しいので、どのように予測すれば良いのかを説明します。

排卵日の予測方法

排卵日を予測するためには、基礎体温を毎日計測して体温の上下の変化から予測します。

基礎体温を計測するには婦人用体温計を使用する

基礎体温を計測するためには、普通の体温計ではなくて婦人用の体温計を使用する必要があります。婦人体温計は少数第2位まで測ることができて、舌の下に体温計を差して計測するものが一般的な婦人体温計です。

ドラッグストアにいくと2,000円前後で販売されていて、計測した体温を7日分記憶できるものもあるので、自分に合った婦人用体温計を購入しましょう。

基礎体温を計測するタイミング

基礎体温を計測するタイミングは、身体を動かすと体温が変化してしまい同じ基準で測れないため、朝起きて起き上がる前に測るのがベストのタイミングです。(目を開けてすぐに測るイメージです)

また、計測する時間はいつも同じ時間にするのがベストです。(毎日7時に起床して測るなど)

就寝時間と起床時間にばらつきがあると基礎体温が正確に測れないのと、生活のリズムが乱れることで排卵日も乱れる可能性があるので規則正しい生活を心がけてください。

基礎体温は最低でも3ヶ月は続けて計測して記録することで体温の上下の周期を把握することができ、排卵日を予測することが可能になります。

体温を計測するタイミングがずれた場合

寝坊してしまったり旅行に行っていつもと同じ時間に計測できなかった場合は、記録する手帳やアプリにメモしておきましょう。後から記録を見返したとき、体温が不規則な動きをしていた場合に理由がわかるようになります。

産み分けが向いていない人

ここまで紹介してきた産み分けの方法ですが、この方法で産み分けすることが向いていない人もいます。

子どもが授からなかった場合に原因が発覚するのが遅くなってしまうため

排卵日予測からのセックスとなるためタイミングを狙い撃ちする必要があり、必然的に妊娠の確率が下がってしまう

これらの理由から、初産と高齢出産の場合はやめた方がいいと言われています。

ただ、自然の産み分けではない方法であれば、初産と高齢出産でも妊娠の確率を下げることなく産み分けできる方法があるんです。

自分で膣内環境(PH値)をコントロールできる産み分けゼリー

産み分けゼリーを使用することで故意に膣内環境を酸性、アルカリ性にすることができるため、排卵日のタイミングに関係なく希望する性別の確率をアップさせることが可能です。

産み分けゼリーの中でも人気なのが、ベイビーサポートという商品です。

ベイビーサポートの口コミと安全性を書いた記事はこちら

-産み分け

Copyright© ベイビーサポートの口コミと安全性は?使用した一児の母が大公開! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.